終り初物

小春日和の・・少し・気分が和らぐ午後・・・
DSC_0390_20190430150842.JPGDSC_0390_20190430150842.JPG
「何見てんだよォ」・・・と・
住所不明の・ネコが・・おいらにガンつけてきた・・

時々‥ふざけたネコが来てなぁ・・
お前は‥ネコ派か・・犬派かって・・聞きやがるから・・
・・教えてやった・・
おいら‣トリ派だって・・言ってやった・・

鳥は・大変なんだ・・
空は飛べても・・空に食い物は・無ぇ・・

タマちゃん・・とか
タロゥ・・ちゃんとか甘やかされた育ちは・・からっ気しなくてよぉ・
決まった時間・・目の前に餌は・・無ェ・・

明日のデコポンは・・熊本からの‣お裾分け・・


終(おわ)り初物(はつもの) 季節見送り 会えなくなるから 
おすそわけ 過ぎゆく季節 嘆くより 祝って送るために
過ぎゆく季節 嘆くより 祝って送るために... 「(終り初物より)」








含羞のなかで・・

頭が・・ピカソなので・・
絵には・・憧れのまま・・逆立ち・・

キャンバスは無くとも・・・額縁はある・・

絵は・・・東郷青児・しか知らない・・

HYA画伯に☆☆☆・・
おかしな日常を・・楽しんでる・・

体重計より・体温計を気にしながら・・
むかし買った・・マスクで・生きている・

まさか^^^^

この頃・孫が-LINE・・して来る・・


外税が・・内税になるトリック・・
だいこんは好きでも・・今日は買わない・・
レジ待ちで・・道りゃんせをつぶやく・・

seesaa_profile_icon




心・・コロコロ・・

自信は地震よりも.・重い・・
大阪なおみを‥・見れば・・一目瞭然・・

この場に及んで・・震度6強とは・・地震よ・身の程を知れ・・

いつも言っていた・・これからも気を付けなくてはと・・
たかが・・地震・
されど・・マグニチュード・・

地震・非情・・・災害異常・・

八戸から・・安否連絡・・闇夜に・ほっとする・・

月光仮面は・・ワクチンを打ちたくないと・・
おいらも・打ちたかあぁ・・ねえ・・
昔から‥注射が嫌いなんだ・・

ブツブツと・・そんなに針刺したって・・何が面白いって言うんだ・
何も変わりゃあしねえ・・何も良くなりゃあしねえ・・
兄さん・・逃げましょうぜ・・・あぁ・ァ・・
間違えた・・
兄さんは注射を打つって言ってたんだ・・・
姐さん・・二百円分で・タクシー飛ばしましょう・・

熊本からも・坂下・古河からの知らせで・・・「右向けェ・・直れ・」

こだわりのある投稿・・・
こだわりを持つ・・投票・・
我が町・・新しき町長誕生・・・



コーヒールンバ

何も言わず・・・静かに生きる事より・・
コーヒールンバの歌に乗って・・
泣いて‥・怒鳴って・・
叫んで・・訴えて生きるのが・・人らしい・・

切ない時には・「なんてェ^日だ・・」と叫び・・

堪えられないとき・・泣いて・願って・空気に触れて・・明日・・
それが・恥にもならない・・・

日本国はいま・・・コロナ感染と・・・
オリンピック開催・迷走の中にあり・・

特別措置法に基づく営業時間短縮・・
明日の生活も見えない人たちを無視する様な・・女性蔑視発言で・・
会長辞任・と情けない現実・・・

雪国でもない場所での・・雪崩・・

明日・・どうなるかも知れないから・・
酒を飲む・・

明日は町長選投票日・・

坂下/伸・御老公・・・町は良くなるのでしょうか・・
拙者・・ワイロ用立ての小判は・・品切れでござる・・









オリンピックのツマズキ・・

加齢による女性蔑視と言うのではなく・・・成長期・女性を敬うことも無く

気がつけば・・何を言っても・周りの者たちは・忖度をしていた

この人が居なければオリンピックが出来ないとは・・
駆けっこしながら・・なぞなぞするのでもあるまい・・

おもてなしされながら・・あんたの話は長すぎると言われ・・お茶を外される・

森チャンネル・閉鎖します・・
yjimage1.jpg

立春もまだ自粛

玄関から・訪問チャイムの音・・
(ハイ・)・・
「あぁ・・私・向食品・と言いますがァ・」
(ハイ・・ぃ)
「あのォ・・あぁ言うのを押してきました・・」って言われても
こちらからは見えない・・
何か買ってもらいたい雰囲気だけは分った・・
(家では‥結構です・・)とは言ったが・・何を売りたいのかが分らないまま
30半ばの美男売り子が・・そうですか・またなにか有りましたなら・・と
頭を下げて立ち去った・・
(また・何かある・のか・・家を探りに来たか・・たぶん二度と来ない・・)
何を売りたかったのが・不思議で・・隣の家に回り止めていた荷車をのぞいた・・
小さな荷車に・小さな発泡スチロール製の箱が二つ・・
それほど容量のある箱でもなく・・アイスクリームを売ろうとするなら・・
今日の寒さでは売れない・)
何を売りに来たのかを想像するも思い当たるものが無いまま・・)
隣の家からも・すぐに居なくなった・・
年に・・二・三度・・どこからか売り子が訪れる・・
(買った試しがなく・・・どこか・・騙されるものかと・警戒をする・)

電話一つのオレオレ詐欺師よりも・
寒さに耐えて人をダマすのも容易ではあるまい・・
あいつ・・人情を商品にしてきたか・・
Jul11232.JPG

3年4組のおとなたち・・

何処に・出しても・・
恥ずかしくない‥大人たち・・
3年4組ラ・ブランシュ 234.JPG
活字にされると・チョット恥じらい・・
しばらくでしたね・・何年ぶりにと・・はにかむ・・
3年4組ラ・ブランシュ 243.JPG
よくぞ・ここまで来てくれました・・
それぞれの場所で・・時計の針は回り・・みんないい顔になっている・・

合えば時間が戻り・・体重計が肥えている・・
今。。昭和96年と答える

3年4組ラ・ブランシュ 226.JPG
ラ・ブランシュに置いたオブジェが・・田代シェフを写す・・
ありがとうを百合子女史へ・・