コロナが‥叫んで・・

新型コロナが・・いつ・新型になったのかも知らされず・・

元気な病人が・・時間を気にして・集合する・・
死ぬのは・・恐くない・・注射が怖い・・
オォーい・・ここに居るぞォー

受付・親切・・
医者・・・明瞭・・
患者 ・・不安ながら・皆・堂々と・
ここでは戦うものが違う・・

小学生の頃・・昭和全盛期・・
シラミ退治に・・・DDt
結核予防・・BCg

昔・・予防接種で・・ミカンをくれた・・

とりあえず・・・Y田氏・・E藤・・一回目のコロナワクチン接種終了す・・・・
有難うございましたと・・声をかける看護師に・・一礼・・
こちら元気にしてます・・・

3年4組・・皆さま・・元気に帰ってください・・
2回注射で・・宴会・始めますか・・

オリンピックには厳しい・・現実がまっていると言う・・評論家・・
・オリンピックに厳しい・現実が・・必要か・・・

止めてしまえば・・厳しさも消える・・

健康にこだわり・・コロナワクチン接種がおこなわれている・・
DSCF5005.JPGDSCF5000-001.JPG

俺たちの旅を・・


俺たちの旅は・・これからも・・

作詞・作曲・DSCF4982-001.JPG小椋佳
歌・・中村雅俊
俺たちの旅

夢の坂道は 木の葉模様の石畳
まばゆく白い長い壁
足跡も影も残さないで
たどりつけない山の中へ
続いているものなのです

夢の夕陽は コバルト色の空と海
交わってただ遠い果て
輝いたという記憶だけで
ほんの小さな一番星に
追われて消えるものなのです

※背中の夢に浮かぶ小舟に
あなたが今でも手をふるようだ
背中の夢に浮かぶ小舟に
あなたが今でも手をふるようだ※

夢の語らいは 小麦色した帰り道
畑の中の戻り道
ウォーターメロンの花の中に
数えきれない長い年月
うたたねをするものなのです
Jul01$54.JPG

オリンピックは占いで・・

星占いで・・オリンピックを占った・・・・
五輪の旗が・・飛ばされて落ちた・・(様子が見えた)

コロナ細菌でみんな・自粛・・
無駄になった・・・・努力・・

歴史に残る・・セクハラに似たオリンピック・・

「安心・安全を・・伝えられるオリンピック」と・橋本とか丸川とか言う女・・
すべてが・へこんで・ぺッツちゃんこ・・

時計をみても・・何も分からず・
触られて・・痛さも分からず・・
聴覚も・味覚も・分からない東京五輪・大会組織委員会・

震災復興を掲げたオリンピックが・・・・安心・安全・・にすり替わり・・
震災を利用した・・巧みな・・おもてなし・・

お帰りにはどうぞ・・
どこへ立ち寄ることも無く・・静かにお帰り下さいって・・bb931fa8c272940d887ec2e1a791ede9_1.jpg

酒・・持って来~~~い・・


ワクチンに愛はあるんか・・

青森の姐さん・・兄さんが・・
コロナに・・・・・・勝った・・・

無事・・大嫌いな注射器に・・勇敢に立ち向かい・・・(勝った‥そうな・・)
握手をしても・・・ハグをしても・・よい・・・(状況更新・・)

熊本の・・くまもん・・改め・N恵子女史・・
コロナワクチン接種するも・・ソバカス増えた模様・・・
そばかすなんか怖くない・・・・と

そばかす消えずも・・脂肪増殖中とか・・・(姐さん外電から)

覚悟のもとに・・我・一句・・

水無月のおわりに臨む・・コロワクチン・・
大丈夫と‥励ます言葉・・・・そこに愛はあるんか・・「字余り」・・
・・・・・1530171109053高木ハンチング.jpgDSCF5436.JPG

思いが・巡り・・

誰もが持っている・・伝えたい思いが・・
そのまま‥素直に‥伝わります様に・・

伝わる思いが・・優しいものなら・・
理由のない・・哀しさは・不要です・・

コロナ感染症とか・・進化の中にはいつもそう・・突然に巡る・・

細くなった道に・想い出は多く広がり・・

無くしてしまったと・嘆くことも無い・・これから・すべてを楽しめる・・

片方で・不幸と感じ・・もう片方で幸せを感じる夜明けに・・
行ったり来たりをくり返し・・また・回り道をしても・・それもまた楽しんでしまえ

雨が・顔にかかっても・・涙にはしない・・
 だれもが・・どこかで・・・淋しさを消してください・

新型コロナウイルスワクチンを受けられます。
費用の負担はありません。・・ との接種券・・届く・・

費用の問題ではなく・・官僚が・・集団宴会を開催していたことが問題で・・
いつになく反抗心が消えない・・・
このままの接種で道義が守れるか・・・

地区の・・・催し物開催を中止され・・
子どもたちの行事も変更・・中止され・・・
それでもオリンピック開催が・できるのなら・・・

接種・・不要・・・
オリンピック無理やり開催に・・・加担したくないとよ・・

青森の高木さん・・すでに接種したそうな・・・

去年は・・そんなこと・な~んも知らんかったけど・・
接種らしいもんが・・これから・なんぼ出て来るんや・・って話・
65になって・・オイラも肺炎球菌ワクチンとかいう接種はしましたんがな・・

そんで・・お元気に・変わりましたか‥と言えば・
変わりありまへん・・って

なんぼの接種で・・人間元気になりますか・・
接種で何かありそうで・・接種予約・・停止中・・
   
坂下のご老公には‥早めの接種を・・・
3年4組年賀R2用妖精.jpgDVC00186.JPG

坂下のご老公は・印籠をもたない

四つ目を持つ・自分が居て・・試行錯誤
三つ目も・二つ目も無くしたわけでもなく
一つ目もここにいる・・

たぶん四つ目の自分だと思う・・自分に保証は無く・・
無期限に・・・無期限・無料使用可でもない
それは・・誰もがそうなのだろうと・・思う・

きっと・そうして・・生きている・・気にも留めず・・気づかず・

考えかたが分かれれば・・一対三か・・三対一・・どちらかを思考する
四つ目のなかに・・二対二の引き分けがある・・
四つ目のある自分の正体・・・・優柔不断とは言わせない・・
決断はする・・・オリンピックは辞退する・・「選手にはまだ選ばれてはいないが」・・

五つでは困る
二対三の・・ひとつ別れになる事が・・我・非性分・・・
四つ目の自分で・完成していた

四つ目の自分で・そのままに・・
思う事に・・取り組もうか・・・

やれるのか・・出来ないのかは・かまわない・・
 
誰もが・・そうして・人生・進行している・・

坂下のご老公・・・ありがとう

抜山蓋世の言葉を残してくれた恩師・・感謝合掌


・・DSCF2008.JPGDSCF2014.JPG

水無月に聴いて・

水無月・・
「夏の夜は
まだ宵ながら 明けぬるを
雲のいづこに 月宿るらむ 」(清原深養父)


妹は・・むかしから・・3人の名前しか覚えられない・
ひとりは・・母・
もう一つは・愛犬の・・ごんべい・・それに兄の私だ・・

兄は妹に話す・・
好きな人が出来たのなら・わたしに話して‥合わせてほしい・・

妹は言う・・
「いやですわお兄様・・わたくし誰も・好きになったりはいたしません・・
その様な事・・あるはずないじゃありませんか・・」

ある日・・妹は・・わたしの目を見ながらいう・・  あなたはだれ・・


ひとつこわれても・・また・ひとつ生まれればいい・・

巧詐は拙誠に如かず


・・DSC_0506.JPGDSC_0385.JPGDSCF2094.JPG