デジカメが人生を教えている!

東日本大震災
とんでもなく大きな災害が襲った!
50日が過ぎて
これからどちらに進もうか思案する

もしも夜に襲われていたならもっと被害が多くなっていたのかも
知れない!

リアルに災害の映像が流されて地震、津波の
恐ろしさを知ることになった!
デジカメが教訓としてすべてを伝えてゆく!

これからは節電というテーマで暮らすことになる
画像

みんな同じマスカラをして同じ模様を好み
話す言葉もいっしょになっていた”

被災者に勇気を与えられる様に”と時間が過ぎても
世の中は化粧する時間も無い”

震災前には日本中が中国人投資家に買いあさられていた
日本人が日本を復興することにためらいは無いが

中国人は日本を復興することに努力はしない!
中国もバブルがはじけてから災害に襲われる
災害とはそんなもの!
都合良く災害は来ない!

日本もそこにスキがあった!
バブル時期には備えなどできない!
これでもか!というほどの努力をしなければ
復興はできない”

日本全土を日本人が見直すことができれば
災害に勝てる日が来る”

"デジカメが人生を教えている!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント