テーマ:川越

無駄が消えた・・

無駄のなかに生きて・・・・・ムダが・どれほど多くの夢に変わるか 転んだ拍子に見えた年・・ 無駄が積もれば‥・お日様も雪空のすき間に笑う・・ 無駄に声を掛け・・話す言葉が出てこなくとも・・気持ちは分かり合える 雪は黙りこんでも・・溶けないことはない・・ またひとつ歩き出すための・助走路はないけれど たぶん・このまま行け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more