テーマ:芥川龍之介

こんな季節が・・

気がつけばここに居る・・ 7月・文月 兎(うさぎ)も 片耳垂(た)るる 太初かな・・・「芥川龍之介」 そう読んだ龍之介に・・今年の夏の言い訳・探し 風鈴の涼しげな音色が・・コロナに凍る・・ 暑中お見舞いは申しあげません・・こんな季節もあったねと・・ いつか話しましょう・・ 水害と・・コロナ騒動に踊らされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョットおかしくありませんか・・

楽しいはずの・・ゴールデンウイークの日々・・ やけに事故の・・ニュースが重なる・・ 春山の遭難・・・車の暴走・・ 人を殺める事件・・ 桃紅女史・・つまずき・・転倒しただけでも・自分に反省をいれる・・ 「大丈夫のつもりでも・少しずつ衰えている。 自分自身を過信していたことが、自分を痛めてわかった。」篠田桃紅 世間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more