ヨジデス村の出来事・・

お天道様がどこかへ行っちゃったねって言う話をしていたんだ・ そうしたら・お天気屋の土井とか言う語り屋が・・・いや・お天道様は何処へも行ったりはしないと、・ 顔を充血させながら頭の上を指さすのさ・・ 「今ならこの辺りに居るはずなんだ」と言い 灰色の空を見上げた訳よ・・ 分厚い雲が・・お天道様を隠しているって話が・・ややこしく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球とお天道様・・

お天道様を連れて来てね・・って ・・そうです・・ここの処・・愛しのお天道様が・・雲隠れ・・ どこヘ・・ 頼まれついで・・お天道様の首にひもをつけて・・連れてくるって・・ いつまでも・地球だって健康優良児で容れるわけでもと・・ 気が付けば・いつも側に居たお天道様・・ お友達の地球くん お天道様を連れて・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3年4組の古希

おしえてください・・この世に生きとし生けるものの すべての生命に・・限りがあるのならば・・ また・・逢えますか・・また・・・笑えますか・・・ 3年4組の仲間は。・・誰もが・・また会うことを・・目標としているのです・・ あぁ・・麗しき仲間の美貌よ・・・ 顔の形など・・変わってもいいのです・・・ しわの数を数えて・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令明の夏至・・

にっぴしの・・うけはげたまに・・みれよしび・・ みれ・しびれしの・・ はっぱ。のにのに・・・ (和訳) ある所にある・・ある会社に・・うつくしい女性が//受付として勤務をしていた・・・ その受付の女性には・・特徴があった・・ 生活の中・・いろいろ興味が有っても・・あまり事がらを…覚えられない・・・ ただ・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水無月に・・・八戸に海の幸・・

6月は愉しい行事・・・   あんた・・幾つになった・・って あんたと・・同じよ・・ 水無月に逢える同友は・・・・お~^い待ってろよ・・と、 電車を乗り継ぎ・・逢いに行く・・ 草の葉を 落つるより飛ぶ  蛍かな    (松尾芭蕉)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不揃いな仲間たち・・ジャムの気持ち

見ているつもりが・・  見られている・・・ 中国の事情などは知らない・・トランプと喧嘩でも・・なんでも・ 貿易不均衡喧嘩 中国の辞書で・・謙虚とは・ 「自慢をすること・・・」と言っているように・聞こえる 人に・・責任を押し付けて・・生きる人は・・ 自分にいちばん大切なものが何であるのかを・・知らずに生きている・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八戸には…さくらちゃんが居た

眼が付いている事をお忘れですか・・って このごろ‥叫びたい・・ 目は口ほどにものを言う・・・ってご存知ですか・・ そっと耳元で・・ささやき・・口説きたい・・・ 自動車の暴走が・・止まらず・・ 犠牲者は・・弱い・子供たち・・ 自爆テロが・・止まらず・・スリランカでは・・日本人も犠牲に・・ フランスでは・・寺院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝に泣く・・

人間ばかりが・悲しいのではなく・・ ・・小さな、イタチが道で事故に合っている・・ 右をみても・・左をみても・・危険ばかりが並んで・・・ 側では花が咲いている・・朝・・ 嘆きがまだ…治まらぬまま・・歩けば・・ 道端への・・捨てネコへに遭遇・・・・ 4匹が//身を寄せ固まりの様に・・・ 1匹が・・・道の中央で・・鳴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長澤まさみ・・知らんねんけど・

眼が付いている事をお忘れですか・・って このごろ‥叫びたい・・ 目は口ほどに物を言う・・・ってご存知ですか・・ そっと耳元で・・ささやき・・口説きたい・・・ 自動車の暴走が・・止まらない オンボロ車が見当たらない・・半年前にはコラムシフトで・マフラーの抜けた 車に乗っていた・・スピードは出ない・・加速など・・有ろうは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外はまだ冬

騒々しい世の出来事に、割り込む様に、みぞれ混じりの雪が降る。今はまだ冬。4月10日は、天皇ご退位までの時間を刻む
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋沢栄一殿・・御成・・

ご存知あげることなく・・これまで・来てしまい・・ ・・たいへん失礼いたしました・・渋沢栄一殿・・・ この度・・・2024年におかれましては・・紙幣になられるとな・・ わたしども・・・・どれほどの栄一さまに・お会いできることやら・・ 数限りなくなどとは申しません・・・何人様と・・・お会い出来ますことやら・・ まったく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷い雪・・

先日別れた・・なごり雪が・・引き返して・・戻ってきました・  早朝の雪・・ 今の・・・月日に・迷い雪・・ あなたは・・だれ・・  ここは・・・どこ‥ にほんか・・ほんとうに日本か・・・  あやしい 終いかけた・・ストーブが・・6の温度表示・・・ 新元号が//何だって 明日//発表いたしますって・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

離任式の前夜は//雷雨

あたらしい元号の・・表現に・惑う・・ 年度変わりの別れが・・子供たちにもある・・ 離任式は・・もう一つの・・門出・・ 生徒を見放す‥先生も・・居た・・・//驚くな・・ 先生を・・歌う・・森も・今年で引退の・・・旅 みちくさの中で・・見つかる道もある・・ 真夜中の・・すこし前・・ この時期にはめずらしい・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成最後の・・名残り雪

早朝の・・日差しに・・ なごり雪が舞い散る・・ 不思議な光景に・・息を切らせて歩くのは・・ むかし見た・・鯉の姿を川に探す・・・ コッペパンが5円だった頃・・鯉の餌に・・パンを・ちぎることなど無く・ すべて自分の腹に入れた・・ あの頃は経済大国の端っこだった・・ イチローの引退騒動に・・第91回選抜高校野球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急・・イチロー引退

おはようございます 出欠を取ります・・ イチロー君・・・ハイ・・ ほんものの不良は・いつも独りで・・とことん突き詰める・・ たった二文字の・・一日・・     引退・・ 感動に・・震度51・・・海の向こうでも・・イチローはICHIRO きづけば・・男も45になってた・・ 後悔などあろうはずがない・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合格の報

千里の行も足下に始まる いろいろな可能性に・・取り組める・・福島高校の扉を開けた・・孫ちゃん・・ 小さな時から・・変わらない・優しい子です・・ 小さな子から・・乙女へ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暮れなずむ街に・・焼き芋

春の兆しが・・一変する・・ 3月は・・別れの季節・・ そんな隙間に・・・走る・・売り声・・・ い~~石~し焼きい・いも~~芋・・ 石焼き芋~~は・・・いもだよ!・・・大根じゃあ・・無いよ・・ ホッカほかで・・・おいしいよ~~ 卒業生のご父兄・・さん・・・・焼き芋を・・・買っとくれ・・・~~~ そう言えば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治家のおごりを跋扈(ばっこ)と言う

花にも咲きたい場所があり・・ 時代遅れの政治家たちが・・・咲かそうと・つまずく・・    拝啓 自民党の番頭に成り下がった 横畠人参 内閣法制局長・・・親の顔が見てみたい・・ 「チョット・激怒してしまい・・親の顔を見てみたいなどと、 お詫びいたします・・まことに不適切だった・・」‥・知らんけど・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七面鳥のあした・・

お母さま・・・(昔から・・そのようにお呼びしたことなど・ないことです・・)   珍しき・・お肉でした・・(ことよ・・) お肉をいただいて・不満を述べることなど・・ もってのほかと・・言うのでしょう・・(そう嘆きなさいますな) 硬~い・のです・・ とても・・噛み切れないほどに・・しぶといお肉です・・(事よ・・・) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天皇陛下在位30年式典

平成天皇陛下のお言葉に・・全日本国民の胸があつくなった日・・ そうか・・歴史の中にいる幸せか・・ そんな日・・沖縄・・ 辺野古移設「反対」7割を超え・・ なのに・・日本の総理大臣に・・民意・届かず・・・ 平成31年・2月も残り少なく・・ 君ならで 誰にか見せむ    梅の花 色をも香をも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恵方巻におどるポンポコリン

あっちの方向・向いて・・大口・開けて・・・・・み~んな何してるん・・ 何してるんか・知らんけど・・(恵方巻きだって・・) 産まなかったことに問題がある・・と・言い切る財務大臣様・・ 恵方巻きを・・口に突っ込んで・・ポンポコリン踊れば・・・・・知らんけど・・ 何年かが過ぎて・・・・恵方巻よ・って同じ姿見れば・・・笑っち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稀な横綱・・

2019年と言えば・・平成は31年に・・ 今年の5月には新元号・・・ 一年の計を・元旦に探すことはせずに・・・・ゆっくりと歩きたい・・・ 手を合わせ・・お参りに心を清め・・・・無事過ごす願いは・・・誰もが・・・ おみくじを引く・・アラフォー女・・・願いは何処へ飛ぶのかと・・・ ・・・若返るおみくじを引き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驥尾(きび)に付(ふ)す

2019年が・・はじまり‥どんな一年になるのだろう・ 英国の・・・EU離脱・・世界が騒がしく・・ 離脱して・・・だいじょうぶなのですかと・・問いただす・・ ひとりで生きて行こうなんて・・世の流れに・・逆さまなのでは・・ 力を集めて・生きてみませんか・・ 韓国の態度と言動・・ 日本では消費税とか数字をもてあそぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミックガールは身近に

ひとり足りないと・・寂しい・・・   二人足りないと//・哀しい・・ 顔を上げれば・・また違う景色もみえてくる・・ あれから何年・・とか・・・・ えぇ・ェ・・・・顔は思い出せませんが・・(顔は少しずつかわるもので・・) アアァァ・ぁ・・・そんな言葉思い起こせます・・・ コミックガールの・・作者・・ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう少し・だいじょうぶですか・・

ギャボォー・・ギャゴォー・・と・強烈・騒然な音に変わり・・・ 昔はあの日・・・ 静かな・・おしとやかさを・備えた・・・愛車・アクティーに出会い・・ 刻み込んだ・・21年・・ 不満も言わず・・地球を踏みしめ・・・老体に至る・・ 大丈夫・・かと・・問いかけるも・・ けな気な行動で・・歩みを・・止めない今・・・もう少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

師走の日差しにチョット

毎度・・お騒がせいたします・・ こちらは・・・チリ紙交換でございます・・・・ 古新聞・・・古雑誌が・・御座いましたら・・・多少にかかわらず・・ お知らせください・・・ 誠に恐縮でございます・・・ それ以上・・に‥古~い・・・新聞・雑誌とお取替えいたします・・・ あぁぁ・・うるわしき・・光景よ・・ 拡声器・・・あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨジデス・・

過ぎ去れば・・風の様に・・ 毎週のように・・台風が生まれて迷走・・・・そんなH30年・・ 背中には・・まだ・・今年のお正月を背負ったままの様・・ BGM♪・・に 中島みゆきの・・・・時代が・・ ヨジですが・・時間を刻み・・決して美人とは・言わないけれど・・ アナが・・誰もが・・ 番組が楽しい・・ dィレクター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我逢人ということ・・

「 我逢人 」   曹洞宗鶏足山 頭陀寺 住職  野田孝順  講話 「我逢人」 がほうじん 「我、人に逢うなり」 日本を離れ、命がけで渡った中国 そこで念願の師に巡り合えた時、感動のあまり道元禅師の口からこぼれた言葉です。 生まれてから命尽きるまで、私たちはいったいどれだけの人と 巡り合うのでしょうか。 自分一人…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

前えぇ~とまれ!

何と言われようと・・・前に進む・・ 馬鹿と言われても・・・突き進む・・進むことしか・残っていない・・ 痩せたらモテすぎるから・・あえてデブでいる 宿敵と書いて・ジャスティンビーバーと読む 俺が反省したら面白くないだろう? 真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ 壁にぶち当たるのは・前に進んでいる証拠 俺流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙

立冬の上に咲く・・山茶花・・ 霜月の中に小春日和・・ いとどまに 秋の別れぞ しのばるる はげしき冬の 空のけしきに    (藤原知家)「新撰六帖題和歌」 宇宙が先か 地球が先か・・ 立派な言い訳・・国会に咲き乱れ・・ 民主主義を守るためにジャーナリストは居ると言い 拘束された安田純平氏を英雄と持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉のご機嫌はいかがですか

近くの紅葉に気づかない人々 よく、言っていたのです・・・ あなただけです・・・ わたしには‥あなたしか見えないのです・・・^^^^^^^あれ~から40年・・・・ 想いも変るのです・・・気持ちも変わるのです・・・ あげくの果てに・・・枯れ落ち葉//などに例えるのです・・・失礼なのです・・ あれから40年 時代が変…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

秋の鹿は笛に寄る

時には・・心を旅に出して・・ 違う風に触れて・・ 驚いたり・・小さく叫んだり・・・溜め息に・気づいたりして・・ そう・・まだまだ・・楽しめる・・・ 老化は・・成長のはしくれ・・・ まだまだ・・これから・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あっという間の・・九月

敬老の日が・・重宝されなくて・・ 敬老の日って・どんな・・日なのって・小さな子に聞かれた・・ そうだね~~~お年寄りを大事にする日なんだよね~って言ってみても それがどうしたの・・って・・    顔してた・・ どうしたら・・大事に出来るのぉ・・って・・また聞いてくるんだ・・・ 「チョット待ってねぇ・・・・となり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋・浅し( ^ω^)・・・

秋茄子を嫁に食わせて・・ 戦略的に・・・生きてみなさいと・・・教えられ・・(綾小路きみまろ) あれから40年・・・ (おかえりなさい・・あなた・・ ご飯にします//・・お風呂にします・・・・・それとも・・・) ・・・あれから40年・・・・・       あの時食っておけばよかった・・・ コオロギが泣きはじめ・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長月はお気に召すまま・・

聞き分けの無い夏子が・・・台風と喧嘩していたら・・9月になった・・ ほんまに・・・9月かどうか・・ いっぺん聞いてみるわ・・って飛んでった・・葉月はん・・ 「ほぉ・・・・・・・・」 (どうなったと・・・思う・・?) 「どない・なったん・・?・・・・ どない・・なったんかは・・知らんねンけど・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金足農高に・・かんぱいを・・

ひと夏が終わり・・ 面白かった・・金足農高野球部の戦い・・・  感激を目蓋に描き・・・ 3塁コーチが止まれの指示にも・・突き進んだ・・さよならツーランスクイズ ・・ 3球目の執念が・・金足農高野球部の力か・・・   栄冠が君に輝く現場を・・ニッポンのみなさまが・・ 見届け・・思いに‥浸った・・ その陰で大ばか者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終戦

また来る・終戦記念日と言う・・・・終戦の日・・ 記念日と言う・・奇妙な記念・・ 悲しい出来事を象徴する日を・・記念日と称した人がいる・・ 誰なんかは・・いいんやけど・・ いつまで・・・記念日と話すのか・・・・ 特攻隊員の命に・・敬意がない・・・ 終戦事念 七十前にして・・・・戦争を知らぬ我・・ 大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱中時代

午前3時の空気が冷たく感じられるように・・なって・・ もう・・ひとりでは・・・生きて行けません・・なんて・・・ 頭が・・熱中症で殺(や)られた・・・って・・ゆうてた・・サンマはん・・ どうなったと・思う? 「どうなったん・・・・・?」 どうなったかは・・・・知らんねんけど・・・ 「知らん・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑いは、故事に逃げ込め・・・

白眼で対する・・意は少々も無く・・・・ 莫逆の友が・・熱波にかすむ・・・ 人の道に異論もなく・・・否定もすることもなく 只・・声を聴いて・・・ 大声で罵倒した・・女議員の・・・・・・・ちがうだろう~の声に・・よみがえる 小玉最小数球穴入ゲーム・・・・・辞めた・・って聞いて 辞めるものが違う気がします・・が・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more