103歳ひとりで・・

老いたら老いたで、まんざらでもない(篠田桃紅)・・・
103歳、ひとりで生きる作法・・・

生きるとは難解なもので・・必ず老いる・・
老いてからの生き方が・・人としての大切な生き方のよう・・
ひとりで生きる作法著書は・・100年過ぎて生きてきた痛快書・・

人生、やり尽くすことはできない。いつもなにかを残してる。(桃紅)

ダンスが飛び切りなんだ・・・
Y田氏・・
ハチミツも取ってる・・・
むかしから・・馬が合う・
久しぶりで心・・・100年振り・・
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック