雪虫は・・そっと・・

雪虫が
控えめな・ご挨拶・・

真っ白な思いを・・忘れないように・記す習慣への変身・
高齢の違算は・・モノの忘却・・
高齢の結末ではなく、・・ここに来て頭が良くなった錯覚・・

一句も読める・・
新春に仰ぎ見る空・・なほ夢止まず・・
行く先抱え・・ハッパ・ぽの・歩の・・(もういくつ寝ると・・早すぎる感・・)

我今・我に背くな・・
我今・我の様に・・

霜月も残り少なく・・NP受付には太陽の匂いがした・・  


th雪虫2.jpgth雪虫.jpg

オイラは熊

熊は冬眠するんです・・・なんて・・
もっぱら・・人間様の世界では言ってるらしい・・・
 
「そんなことを・・・言われてもよォ・・
オイラ腹が減って・・眠れねェ・・って事・・人間様は知らねえんよ・・
 勝手に追い回してくるから・・余計・・腹が減って・・街の中・歩き回っていたらなぁ・」
 
(待て~~ぇ・・)・・・「待ってられねぇ・・・」
(手を上げて・動くな!)・・・・・
「手は上げれねえ・オイラ・・足しか・無え・・
止まったら・・お前さんたち
オイラをふんじばって・・食うつもりだろう・・って・・」

(食ったりしないから・・止まりなさい・・)ってまた言いやがるのよ・・
「だまされねえぞ・・」って言ったら

(だましたりは・しない・・  ただ、お前の胃が欲しいだけだ)・・って
これが本音よ・・

「オイラ熊の胃などと言う・人間様の薬には‥なりたくねえ・・
DSCN8082.JPG明日は・・山へ帰ろぅ・・」

人間様ほど怖いものは無い・・

霜月の高原に・

心には形があるよね~って・・小声で言ったら・

あぁ~~あるよねぇ・・って・・間髪入れず・・・

そういえば・あいつ・・学生時代にとがってて・・
今もまだ・とがってはいるけど・・
とがり方が昔と違ってる・・

とんがり坊主が・・みんなに会いたいと・・言ってくる・・

みんなも・・会いたいと思っているけれど・・
からだを分けて・・会うしかない・・

日々の早さにも・・形があるようで・・

遠慮知らずの台風が去れば・・いま霜月のこえ・・